銀行カードローンは安心して利用出来る

あなたは銀行カードローンを利用したことがあるでしょうか。

 

かつては個人向けの小口融資といえば消費者金融や信販会社のキャッシングしか選択肢がないといった状況でしたが、近年では銀行も個人向けの小口融資に力を入れるようになってきており、テレビCMや新聞・雑誌などの紙媒体の広告、駅や電車などの街頭で銀行カードローンの広告を見る機会が増えたと感じている人も多いことでしょう。

 

銀行がこの分野に力を入れるようになってきた背景としては、バブル崩壊以降の長引く景気低迷の中で法人の借入需要が低下してきたことに加え、大企業を中心に銀行融資を利用せずに社債市場や株式市場で自ら資金調達を行う企業も増えてきたことから、銀行としては収益源の多様化のため、個人への融資にも力を入れるようになってきたという経緯があります。

 

そこで、近年ではメガバンクを中心に多くの銀行がカードローンのサービスを行うようになってきています。借り手の個人の側としては、借入先の選択肢が増えてありがたい状況になってきているといえます。

 

また、銀行の場合は消費金融等のノンバンクと異なり、自らの預金を活用できるといったこともあって、一般的に消費者金融等より低金利での貸し出しを行っていますので、ますます利用者にとっては望ましい状況になってきているといえます。